フェアトレード・アクセサリー subakamana

不思議な形の真鍮製ピアスとネックレスは、親指と人差し指をくっつけて輪っかにしたノゾキアナの形がモチーフ。表面には丁寧な打ち込みと2種類の足跡が施されています。

subakamana(スバカマナ) は、相手に幸せを願うときに使うネパールの言葉。このコレクションは、ネパールの山々や豊かな自然、幸運にまつわるものからインスピレーションを受け、みなさんにたくさんの幸せが訪れますようにと願いを込めてデザインされています。

今シーズンは「さむい日の愉しみ」がテーマ。

「冬のさむい日の散歩道。白い息を吐きながら、ゆっくりと歩いてみると、積もった雪の上に鳥が歩いてつけた足跡や、道の上に落ちていた小枝、指のノゾキアナから見た冬の景色、さむい日こそ空気が澄んでいて、小さな幸せが見つかります。」

そんな遊び心がつまったアクセサリーです。