祝島(いわいしま)びわ茶

祝島は瀬戸内海に浮かぶハート形の小さな島。人口は380人ほどで、主な産業は農業と漁業。特にびわは市場から高い評価を受けています。

上関町では原子力発電所計画について賛成派・反対派で町内を二分するほどの激しい対立が1982年から続いています。

祝島では島民の9割以上が反対。原発に頼らない暮らしを目指して島おこしに取り組む中、反対運動の一環として島で収穫できる農産物や海産物の製造と販売を行っています。

祝島びわ茶は、昔から農薬を知らないびわの木から太陽の光を十分に浴びた葉を選び、カットして自然発酵させ、天日干しの後、じっくりと煎り上げて作られています。

胃腸の弱い方・喘息・慢性気管支炎・皮膚炎の方に良く、疲労回復・利尿効果もあります。ノンカフェインなので妊婦さんや小さなお子さんにもおすすめです。

鮮やかなオレンジ色で甘みがあり、さわやかな飲み口。ホットでもアイスでもおいしく召し上がれます。