ノクシカタのコースター

ノクシカタはバングラデシュのベンガル地方に伝わる伝統刺繍です。

それぞれのモチーフには意味があり、作り手の女性たちが思い思いの刺繍糸で仕上げます。鳥は幸運の出会いを、象は富の象徴、魚は子孫繁栄、舟は旅の無事を祈る気持ちなどを意味します。

ノクシカタの特徴のもうひとつ、モチーフの周りに生地と同色の白い糸で施した刺し子によって、ふっくらやわらかな表情になっています。

生産者団体:アーロン

バングラデシュを代表するNGO・BRACの手工芸品販売部門として1978年に設立。約55,000名がノクシカタを中心とした商品作りに携わっています。 売上は生産者への賃金のほか、生活向上プログラムの資金としても活用しています。