ジュートバッグ

シャプラニールとエイブルアート・カンパニーがコラボしたジュートバッグ。オオハシ、しろくま、はっぱと花の3種類が大きく描かれています。

ジュートは短いサイクルで収穫でき、多くの量を生産・加工できます。また、製造工程で出る余剰の繊維も手漉き紙などに再利用可能。さらに、光合成が旺盛で二酸化炭素の吸収率が普通の木と比べて5〜6倍あり、そのまま埋めても土に還るエコロジカルな素材です。

A4がらくらく入る大きめサイズ。書類などを入れるサブバッグや、おけいこバッグにおすすめです。

生産者情報:ジュート・ワークス(バングラデシュ)

立場の弱い農村の女性たちが、手工芸品づくりを通して収入の機会を得て尊厳ある生活ができるようにと1973年に設立。

ジュートや草、籐、竹、粘土など、地元で入手可能な自然資源を使用した製品を作っています。

現在、国内に23ヶ所の生産地域で多種多様な製品を生産し、ヨーロッパやアメリカ、オーストラリア、アジアに輸出しています。